トップページ > 店主の日記 > 夾竹桃の花木

夾竹桃の花木

佐世保の愛宕山を背中に、盛夏の花木、夾竹桃の花が咲いています。

「注意、危険、用心」の花言葉は花、葉、枝、根、果実、周りの土壌、全ての部分に強い毒性が

あることに由来し、葉がタケに、花が桃に似ていることから花名がついています。

原爆で75年間、草木も生えないといわれた広島市でも、いち早く咲いた花として原爆からの

復興のシンボルとなり、広島市の花に指定されています。

台風シーズン、酷暑と注意が必要です、皆様、御用心ですね。

975F26F1-E9E7-4C7B-9B13-CBA81A2488B4

 

 

トップへ戻る